Kマウントレンズ:六櫻社 オプター 75mmF6.3改(パーレット用)の撮影結果その2


Optor75mmF63
ちゃんとした個体を期待していたのだが、遺憾ながらこのような姿に

☆ジャンク度☆
シャッター不良の為、一眼レフ化
撮影可能




 またもパーレットを落札してしまった。もちろん、初めから一眼レフ化したかったのではない。ちゃんとした個体だと思っていたのだが、結局シャッター不良でそのままでの運用は諦めた。前回は絞り羽も撤去したのだが、今回は絞り羽はのこしてある。ので、ある程度コントロールは可能だ。鏡筒はKマウントのジャンクレンズを流用している。
 今回のボディはペンタックス*istDLである。全体的にフレアがかっているのでどこか光線漏れをしているのかもしれない。かと思うと意外としっかりした画像になっていることもある。フォーカスは3〜5mの位置に固定できたようだ。無限遠は厳しいが、スナップ域ではそれなりに良好である。


























 では、撮影結果その3を見て頂きたい。

ちょい古カメラの紹介へ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る