ニッコール−Q 13.5cm(ブロニカSマウント)の撮影結果(2010年香嵐渓紅葉編)

PENTAXM67_165
吊り革を付けて携帯性を図ったが失敗したようで既に外してある。

☆ジャンク度☆
吹き傷あり
撮影可能


 半年寝かしたプロビア400Xで撮影した。かなり淡い色調とコントラストになったのは期限切れだからではないだろう。しかし、もともとビビッとなレンズではないとは言え少々露出を間違ったのかもしれない。
 勿論、落ち着いた雰囲気は気に入っている。


被写体を探す専属モデル。将来有望だ。









中学生ボランティアに喰いつくオジサン。
あっしもいい歳だから気を付けなければならない。



(了:2010/11/29)

ちょい古カメラの紹介へ戻る
「意してプラカメ拾う者なし」へ戻る